CREALアクネ・オールインワンゲルのココがすごい

超高圧乳化法処理で粒子がナノサイズになり 驚きの浸透持続する保湿力を実現 浸透力+保湿力+持続力+低刺激

13の添加物を使用せず、敏感肌にも低刺激 皮膚トラブルを軽減
初回限定は無料(送料680円は必要)
満足いただけない場合、初回でも解約OK
わかりやすい解約方法を明記

驚くほどの浸透、保湿を実現 オールインワンゲル【CREAL】

CREALオールインワンがお肌にやさしい理由

%e5%88%ba%e6%bf%80%e7%89%a9

いろいろな化粧品が有りますが

%e5%8c%96%e7%b2%a718

お肌は敏感です。

口、鼻、目、それに耳
手や足のように、皮膚だけで構成されていませんよね。

目は涙で潤っているし、
口は唾液で潤っています。
鼻も水がいっぱい有りますよね。

体液が潤っているのは必要だからです。
体液が出てきて

目をうるませたり、唾液で消化を助けたり、
花の水で外気から不衛生なものが入らないようにしています。

皮膚より敏感な粘膜で構成されています。
刺激が有るような不純物を塗ったりしたら大変ですよね。

粘膜に刺激が入るとかぶれたり、赤くなったする人は一般的ですが
普通の顔の皮膚でもかぶれたりする敏感肌の人は多いかもしれません。

敏感肌の人は特に化粧品に注意しましょう。
添加物など刺激物が入っていない化粧品を選びましょう

 

クレアルオールインワンは13の刺激物が、入っていません

それではCREALオールインワンゲルには、どんな刺激物を除いているのでしょうか

大前提:界面活性剤は悪ではない。界面活性剤の機能は、洗浄作用・起泡作用・乳化作用・保湿作用など多くの機能があり代表的なものは石鹸です。

むしろ敏感肌の人にとって界面活性剤は有効な手段です。界面活性剤が何からできているかに注意を払ってください

888c133de9da3abc3b696d44c9368196_s

目次(以下の13種類を使用しないで)
1、合成界面活性剤
2、石油系界面活性剤
3、石油系化合物
4、動物由来原料
5、エタノール
6、合成香料
7、合成着色料
8、鉱物油
9、シリコーン
10、合成酸化防止剤
11、酸化チタン
12、酸化鉄
13、紫外線吸収剤

1,合成界面活性剤

使用することで、お肌がゆるくなりバリアが弱くなります。慢性的な乾燥肌になり、有害な物質も入りやすくなります。

2,石油系界面活性剤

にきびがある人、脂性肌の人は石油系でもなんでも、界面活性剤が入っている化粧品は避けてください。

3,石油系化合物

活性剤でなくても、自然にできているものでない石油系はお肌のトラブルになります。ガゾリンはお肌に悪いことはすぐわかります、知らずと化粧品に入っているものは注意です。

4,動物由来原料

オーガニックと言っても動物由来の原料を使用している化粧品は避けましょう。牛の美白剤、プラセンタ、コラーゲン、エラスチンが化粧品の中で多くの化粧品で使用されています。狂言病や伝染病などのことからも欧州では動物由来の成分は避けられています。

5,エタノール

アルコールと書かれている化粧品はエタノールを使用しています。揮発性でエタノールは肌に負担をかけます。注射を打ってアルコール消毒しますね、肌がスースーします。これが肌に負担をかけています、ひどい人はかぶれたりします。

6,合成香料

合成でない自然な香料を使いましょう

7,合成着色料

最近は少なくなりましたが、食べ物にも使用されている合成着色料。お肌にも使用しないようにしましょう

8,鉱物油

欧州ではミネラルオイルなんて素敵な名前がありますが、実は石油を生成するときに出てくる不純物です。これに水素と化合させたオイルがハイドロクラッキングといって日本では化学合成油として売っています。外国では販売禁止てなっているのに、残念です。日本でこの名前があったら買わないようにしましょう。

9,シリコーン

シリコーンと効くとお弁当に入れるシリコンカップを思い出しますが、この場合はノンシリコンキャンプーと言われているシリコン。お肌などをすべすべにする作用があるがお肌の中から作用して保護する作用はない。むしろお肌が呼吸ができないように塞いでしまうので、脂性肌の人には厄介です。脂性肌の人は細めに油を取る方が良い。

10,合成酸化防止剤

合成酸化防止剤と効くとあまり馴染みがありませんが、合成ビタミンCと効くとそんなに悪いものでないと思ってしまいますね。自然に存在するビタミンCなら問題ありませんが、合成ビタミンCはイモやとうもろこしから生成されて場合があるので注意しましょう。

11,酸化チタン

酸化チタンは別名二酸化チタンといわれ、発がん性、不妊、アルツハイマーの原因としても考えられているので、化粧品の中に入れるのは論外ですね。

12,酸化鉄

鉄を参加させたもので、ファンデーションなど肌色を出すときに使われています。細胞を癌化させる成分でも有りますので使用する化粧品に書かれていたら使用を控えましょう。アレルギーの人は特に注意しましょう。

13,紫外線吸収剤

メリットとしては紫外線を防ぐ力が強く、塗り心地も良いのですが、デメリットとしては有機化合物で刺激が強い人によっては荒れてしまう事が有ります。

愛用芸能人-ミキティー

ご愛用頂きありがとうございます!

#creal#クレアル #オールインワンゲル

クレアル公式アカウントさん(@creal_official)が投稿した写真 –

まとめ

以上の13の成分をアクネ、CREALクレアルオールインワンゲルは使用していません。安心して使用してください、

でもどうしても肌に合わない方もいます、そのときは返品しましょう。

コメントは受け付けていません。